奨学生の声

奨学生の声

一覧に戻る

第3回近況報告

 

北海道情報大学 経営情報学部・システム情報学科 益村 樹
皆様、こんにちは。
北海道情報大学 経営情報学部 3年の益村樹です。

近況報告といたしまして、主に先月と変わらず、
応用情報技術者試験・TOEIC L&Rの対策に力を入れて勉強を続けていました。
応用情報技術者の試験日も着々と近づいており、
知識の穴を探しては埋める作業の繰り返しです。

また先月から今月上旬にかけて、体を壊してしまい、
参加する予定だったボランティア活動にも参加できなくなってしまいました。
コロナも相まって中々家にいる時間が多くなっていましたが、
改めて、健康に関して考えるきっかけとなりました。
これからに関しても、体を壊すことによる影響は大きなものとなってしまうため、
しっかりと健康にも気を使いながら過ごしていきたいと思います。
また、皆様に関しましてもお体にご留意ください。

残る約1か月となりました交流会で皆様と直にお話しできる機会を非常に楽しみにしています。

益村樹


北海道大学 大学院総合化学院 総合化学専攻 生物化学コース 生物機能化学講座 高分子化学研究室 江部 陽
皆さまお久しぶりです。
北海道大学総合化学院修士1年の江部です。

近況報告といたしましては、相も変わらず研究室に通う日々です。マスクをしながらの実験はつらいこともありますが、研究が続けられる環境に感謝しながら、実りの秋を迎えられるよう励んでいます。

さて、私事ではありますが、今週末に富良野トレイルランという大会に参加します。学部時代でワンダーフォーゲル部に所属していたものの、マラソンには出たことが無いので不安です。フルマラソン完走以上の能力が必要とのことなので、日々のトレーニングで頑張ってきた自分を信じ、完走を目指します。

また、奨学生の紹介ページの写真をそろそろ載せなければと思っています。しかし、最近1人で映った写真が無いので、トレランの大会後に撮りたいと考えております。財団の皆さま、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、少しお待ちいただければ幸いです。

最後になりますが、皆様、お体に気を付けてお過ごしください。コンペに向けて活動も頑張りましょう。

ご覧いただきありがとうございます。
江部


北海道大学大学院 環境科学院 生物圏科学専攻 大貫 瞳
皆様こんにちは。北海道大学大学院修士2年の大貫瞳です。
涼やかな秋風が吹くこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

近況報告ですが、先日、JR北海道の乗り放題切符を使い
道央・道北・道東方面へカメラ旅に行ってまいりました。

感染リスクを避けながらの旅ではありましたが、各地の美しい景色を撮ることができ
学生最後の夏休みを満喫することができたと感じております。

来月からは研究室のセミナーが再開するだけでなく
内定先で行われるイベントや交流会に向けた準備もあり、忙しい日々を送ることになりそうです。

それでは、11月の交流会で皆様にお会いできることを楽しみにしております。


大貫


北海道大学大学院 環境科学院 生物圏科学専攻 西島 明日香
皆さまこんにちは。
北海道大学大学院環境科学院修士1年の西島明日香です。
最近この間まで暑かったのが嘘のようにめっきり涼しくなりました。
北海道の夏は残暑が無くあっという間だなぁと感じております。

さて近況ですが、ついに先週から研究室活動が全面解禁になりました。
入学してからはや半年ですが、未だに研究室通いに慣れておらずどこか入学したての新入生のような気分で不思議です。
丁度サンプルも手に入り、いよいよ実験を始められるので大変わくわくしております。
新型コロナウイルスという不測の事態で遅れた分を取り返すべく研究に励みたいと思います。

急に涼しくなりましたので、体調崩されないよう皆さまもご自愛ください。
それでは11月の交流会でお会いできることを楽しみにしております。

西島


小樽商科大学 商学部社会情報学科 大島 菜瑚
こんにちは。
小樽商科大学商学部社会情報学科3年の大島菜瑚です。

近況報告ですが、大学では、来週から後期の授業が始まります。前期は副専攻している経済学の科目を中心に履修しておりましたが、後期は社会情報学科の科目を多く履修しつつ、来年度書く卒業論文のテーマを見つけたいと思っております。前期に引き続き、オンラインでの授業が多くなりそうですが、状況に応じて対面で講義を行う予定の科目もあり、久しぶりに大学で授業を受けられることが楽しみです。

交流会のグループワークに関しましては、私の所属するBグループの動画が完成しました。8月の暑い時期が続く中での撮影でしたが、同じグループの方々と直接お会いし、面白い動画をつくることができ、嬉しく思っております。

季節の変わり目で寒暖差も激しくなりましたが、皆様お体に気をつけてお過ごし下さい。


大島


公立千歳科学技術大学大学院 光科学研究科 光科学専攻 辻岡 一眞
こんにちは 公立千歳科学技術大学大学院修士1年の辻岡一眞です。

近況報告としましては、先週から秋学期が始まり約半年ぶりの対面授業が再開しました。それに伴い、TA業務も始まり研究と合わせて忙しい日々を過ごしております。
また先月には生涯で初となる国際学会に向けてアブストラクトの提出を行いました。学会はおそらくこれが今年度最後のものとなり、例年に比べて発表数が大幅に減少しますので、一年間の成果をここに集約できるように研究を進めております。また、この学会は動画を投稿する形で行われるので今からデータの整理とスライドづくりに追われております。

他にも動画制作といえば、交流会に向けた動画がつい先日に完成いたしました。コロナの影響もあり、なかなか集まりづらい状況のもとでしたが、皆て協力し良い作品ができたと思っております。また、自分は奨学生になって3年目ですが、動画コンペでの優勝は未経験なので、今年は賞を取れるよう願っております。

まだ今後どうなるかわかりませんが、交流会で直接会える事を心待ちにしております。

辻岡


北海学園大学 工学部 生命工学科 上月 彩寧
皆さま、こんにちは。

北海学園大学工学部生命科学科の上月彩寧です。

近況報告といたしましては、
無事に就職が決まり、研究系の仕事につけることになったので、いまは研究室の先生に教わりながら、実験を中心に力をいれています。

また、研究では、実際に山に登って、植物を採取したり、その植物の成分についての勉強を日々行っています。

研究の一貫として先日、ウポポイに足を運びました。アイヌ民族の方々がどのように暮らしてきたのか、アイヌ民族とカムイの関係性など、とても勉強になりました。

研究では、まだやりたいことがたくさんあるので、円滑に進めて行けるよう、日々尽力しております。

9月であるにも関わらず、暑さが静まりそうにありませんが、皆さまもどうか体調にはお気をつけくださいませ。

上月彩寧


北海道大学大学院情報科学院 情報科学専攻 太田 玲花
皆様こんにちは。
北海道大学情報科学院修士1年の太田玲花です。

近頃は最高気温が20度を下回る日も見られ、夏の終わりが感じられるようになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、近況報告ですが、最近やっと研究室での活動が本格化し、実験も始められるようになってきました。
先輩の実験に被験者として参加させて頂いたり、自分の実験の計画を立てたりできることに嬉しさを感じています。

また、今までの夏休みはアルバイトや研究に明け暮れて終わることが多かったのですが、今年は例年よりも時間があったので手の込んだ料理を作ったり、人混みを避けつつ小樽や苫小牧に出かけたりと充実した休暇を過ごすことができました。

それでは、報告会にて皆様とお会いできるのを心より楽しみにしております。

太田


北海道大学大学院 理学院物性物理学専攻 早坂 英海
皆様こんにちは.
北海道大学大学院 理学院物性物理学専攻修士1年の早坂です.

近況報告をさせて頂きます.

我々の研究グループは3密を避けつつ,基本的に登校して実験等を行っています.
研究内容は,物質を低温まで冷やしたときの物性を実験から明らかにするというものなのですが,その測定系の構築がうまくいかず日々模索中です.9月の上旬に物理学会がオンライン開催されて聴衆として参加していたのですが,数々の刺激を受けてさらに研究に対するモチベーションが上がっているところです.来年3月にも(おそらく)学会が開催されるので,そこで成果を発表できるように引き続き研究に向き合っていきたいと思います.

また,所属するBグループの皆さんとは直接顔を合わせる機会もあり,楽しく動画撮影を行っていました.皆さんのおかげで面白い動画になりました.

早く皆様と交流会でお会いして,語り合ったり作品を拝見できればと思います.

季節の変わり目で体調管理が難しいですが,どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいませ.

早坂


室蘭工業大学 情報電子工学系専攻 橋本 祥奈
皆様、こんにちは。
室蘭工業大学大学院 情報電子工学系専攻 修士1年の橋本祥奈です。
今年の北海道の夏は暑かったですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

近況報告ですが、前期は多くの講義を履修していたためレポートや課題に追われる日々でしたが無事全ての単位を取得できていたため後期からは研究に専念することができそうです。
研究では成果が出てきているのですが当初立てていた研究予定より遅れているので、後期は講義がほぼない分研究活動に力を入れていきたいです。

また、室蘭工業大学の協定校であるRMITの授業にリモートで何度か参加さてもらい向こうの学生とも交流しました。コロナの影響でなかなか外に出れなかったり研究が進まないといった状況は、どこの国も同じようです。そんな中で工夫して活動することが大切だと改めて思いました。

夏休みは何社かのインターンシップに参加させていただきました。対面とリモート両方参加したのですが、対面の方が気軽に話すことができ充実度も高かったです。改めて対面がいいと感じましたが、これからの就職活動ではリモート中心になってくるので今回の経験も踏まえてリモートに慣れていきたいです。

11月に皆さんにお会いできることを楽しみにしております。季節の変わり目ですのでお体には気をつけてお過ごしください。

橋本


室蘭工業大学大学院 工学研究科情報電子工学系専攻 松嶋 龍文
皆さんこんにちは.室蘭工業大学修士2年の松嶋龍文です.

近況として,来月の学会発表に向けた準備に追われています.
学会はリモートで行われます.
ほかの皆さんも仰っていますが,学会は開催地で行い,そこならではのものに触れるのも醍醐味だと思いますので残念でなりません.

この学会発表が終わってしまえば大学院生活は余すところ3ヶ月弱.修士論文に明け暮れる日々を過ごしていればあっという間に終わってしまいそうです.
残りわずか長く生活,この日々をかみしめて過ごしていきたいです.
来年度からは道外に就職することになるので,最後の北海道生活旅行なども行けたらなと思います.

交流会も残り少ない学生生活の中では大きなイベントの一つなので,是非とも対面で行われ皆様とお顔を合わせることができればと楽しみにしています.

松嶋


北海学園大学 工学部 生命工学科 平田 大賀
皆さまこんにちは
北海学園大学 工学部 生命工学科 3年の平田大賀です。
最近では、半袖短パンで出歩くのも少し厳しい季節となってきて、夏の終わりを感じます。

近況報告としましては、前期同様、実験のみ対面授業となり、その他の授業は全てオンラインとなったため、家にこもる時間が増えそうです。

夏休み期間では、普段は時間の確保が難しいですが、少し余裕があったので本を何冊か読みました。話題の本屋大賞の本を読んでみたり、旅行にも行けないこの状況なので、世界各地の絶景を収めた写真集を読んでみたりと、少し気分転換ができた気がします。

先輩方の就活や、院試の結果などを最近ではよく耳にします。自分も来年の今頃には進路が決まっているのかと考えると、残り1年をきったのだなと実感します。これから後期が始まるので、それと同時に気を引き締めていかなければと再確認しました。

また、11月の交流会に向けての準備は個人での川柳、映える新生活は着々と進んでいます。夏休みがあっという間に過ぎたのと同様に、今年もあっという間に過ぎると思うので、1日1日を大切に日々の生活を送っていきたいです。

11月の交流会で皆さまに会えることを楽しみにしています。

平田


公立はこだて未来大学 システム情報科学部情報アーキテクチャ学科 半揚 駿太
皆さまこんにちは、未来大学の半揚駿太です。

近況報告といたしましては、二点ほどあります。一点目はプロジェクトに関してです。未来大学では通年を通してのPBLがあります。前回の報告後、期末試験があり、その後夏休みに入ったため全体での活動は緩やかになりました。メンバー全員が集まる機会は少ないですが、サービスごとに定期ミーティングや開発班でのミーティング等を行い設計書等を進めつつ後期の本格開発に向けて準備を進めています。個人としては、Androidの学習を進めており、予定の教本を一通り済ませることができました。

二点目は就活やインターンに関してです。夏休み中にインターンに行く予定でしたが、その時期に実家にいたこともあり、コロナを持ち帰ってしまった場合の祖父母への影響を考え、断念せざるをえませんでした。夏は行くことができませんでしたが、秋季・冬季とまだチャンスは残っているので、その時に大きな学びを得られるよう日々学習していくつもりです。また、今後就活が本格化するに当たって自分が本当に大事だと思っていることは何なのか、等を深く掘り下げていかなくてはならないと感じています。

また、学業とは関係ないですが昨年11月から通っていた自動車学校をようやく卒業しました。本来はもう少し早くに卒業できたのですが、コロナで自動車学校がしまってしまったりでなかなかいく機会が確保できなかったためです。また、本日19 日に車も届いたためペーパードライバーにならずにすみそうです。

交流会は札幌開催とのことで、北海道にきたのに函館から未だ出たことがない私はとても楽しみにしています。

半揚


北海学園大学 工学部・建築学科 高橋 奈緒
皆様こんにちは、北海学園大学工学部建築学科の橋です。
中々に行動が制限される夏ではありましたが、皆様どのようにお過ごしだったのでしょうか。

さて、大学生になって、アルバイトをはじめ、自分のお金というものを手にして以来すっかり旅行の楽しみに魅了されてしまった私です。
今年は本来ならばオリンピックイヤーであったということもあり、国内のいたる観光スポットや博物館は、改修を今年の夏に間に合うようにと計画していました。
専攻が歴史的建造物、さらに学芸員の資格を目指している、古い建物オタクで博物館フリークである私にとっては、垂涎の夏になるはずだったのですが……
100年に一度のパンデミックです。今は皆で力を合わせて乗り切るしかない!私も今年の夏はステイホームならぬ、ステイ北海道しておりました。

ステイ北海道の結果、灯台下暗しとはこのことなんだなと実感するに至った夏でもあります。
学部の先輩の論文の手伝いで、根室・旭川・浦川方面へ建築の実測調査へ。また違う先輩の設計のアシストでは、沼田町へ設計現場調査へ。運転の腕を磨きに、積丹方面へ。今は修士の先輩とタッグを組んでコンペ設計中です。今度の火曜日は夕張に現地調査へ向かいます。
ふるさと北海道といえど、されどでっかいどう。未知なる学びに溢れていました。40日余りの夏休み、収穫いっぱいのあっという間の出来事でした。

皆様も、このコロナ禍だからこその発見があったのではないかと推察いたします。
是非、11月にお聞かせください。



北海道情報大学大学院 経営情報学研究科 経営情報学専攻 川上 寛弥
皆さん,こんにちは。
北海道情報大学の川上です。

前期はほとんど学校に通うことができずに終了し,これからどうなるか不安でいっぱいな状態で後期に突入します。
本学では,後期も遠隔での講義を主とするよう通達が出ているようであり,研究に影響が出ないようにしたいところです。

近況報告といたしましては,夏休みを利用し就職活動としてインターンシップに参加いたしました。
オンライン開催のインターンシップも多い中,対面で開催されている数少ない企業にお伺いし,実際に職場の雰囲気などを感じ取れたかと思います。
また,研究にも力を注いでおり,修士論文のテーマの先行研究を調査したり,学会に向けた研究も併せて行っております。

長いようで短かった夏も終わり,北海道らしい気候を感じる季節となってまいりました。
このタイミングで風邪をひくと,新型コロナウイルスに感染したのではないかという懸念も生じかねないため,体調管理により一層注意していくつもりです。

皆様におかれましても,くれぐれもご自愛いただき,交流会でお元気な姿を拝見できることを楽しみにしております。


川上


北海道大学大学院 工学院機械宇宙工学専攻 奥田 椋太
皆様、こんにちは。
北海道大学 工学院 修士2年の奥田椋太です。

近況報告ですが、長かった国際学会との戦いに終止符がついに打たれました。コロナでなければ、海外に赴いて発表できたため、世界の方々と交流もできたのですが、オンラインなので少し発表は寂しく物足りないものでした。
ただ、大学院生活の集大成になったのではないかなと満足しています。

現在は、大学院生活最後の学会に出るための準備に励んでいます。一から実験装置を設計して、今製作頂いてる最中ですが、この装置で成功するかどうかヒヤヒヤしています。学会でいい成果を発表できるように全力を尽くしたいと思います。

それでは交流会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。

奥田椋太


北海道大学 理学部化学科 長谷部 匡敏
皆様こんにちは
北海道大学理学部4年の長谷部 匡敏です。

近況報告ですが、先日大学院入試があり、修士課程も、所属している研究室に配属されることになりました。
現在も自宅から計算機にリモートアクセスする形で、これまで通り、研究を進めています。
また、プログラミングや理論の勉強も並行して行っており、研究の理解度が以前より深まってきました。

最近は、自分の専門分野に関連するワークショップや学会にオンラインで参加しました。
発表のライブ感は失われてしまうものの、オンラインということで自宅から気軽に参加でき、質問もしやすいので、
それなりにオンライン化の恩恵はあると感じています。

学業以外では、同期4~5名と早朝のグラウンドを借りて、キャッチボールなどで数回体を動かしました。
これから寒くなるので外で体を動かすことは難しくなりますが、在宅研究で体がなまらないように、注意していきたいです。

今年は暑い日が9月上旬まで続きましたが、ようやく涼しくなってきました。
体調など崩されませんよう、お気を付けください。
11月の交流会でお会いできますこと楽しみにしております。

長谷部


北海道大学 工学部機械知能工学科 内垣 雄介
皆様こんにちは。
北海道大学工学部機械知能工学科3年の内垣雄介です。

近況報告としては、先日、編入学試験以来となる登校をしました。対面での期末試験のため日頃から仲良くしている友人たち以外とはあまり話すことができず残念でした。
現在は9月末に行われる夏ターム科目の対面での試験に向けてテスト勉強を進めています。

10月から始まる後期も実験等の一部の科目を除いてオンラインで行われることが決定しました。このような状況下でも一部科目だけであっても対面で実施される環境に感謝し授業に取り組めればと思います。また、学科内で良き友人が増えることにも期待しています。

交流会まで約2ヶ月ほどとなりました。
グループ内での動画、川柳、映える新生活が少しずつ完成に近づいています。11月の交流会で皆様にお会いできること、作品を拝見するとこ楽しみにしています。


北海道情報大学 経営情報学部 システム情報学科 早藤 亜衣
皆様こんにちは。北海道情報大学経営情報学部システム情報学科4年の早藤亜衣です。

近況報告ですが、身内の不幸もあり、実家に帰省をしております。とりあえず無事に帰省できたので、安心しました。
授業は後期も引き続き、遠隔で行われるようです。初めての卒業研究で、不安も多いですが、手探りながらも頑張りたいと思います。

また、来月の頭に内定先の会社で内定者研修会を対面で行うこととなりました。まだまだ遠隔に変更される可能性も高いですが、他の内定者や会社の方々とようやく顔を合わせてお話しすることが出来ると考えると、とても嬉しい思いです。コロナ禍で東京というのも少し怖いですが、対面で行われることとなった際には、細心の注意を払っていきたいと思います。

交流会でお会いできるのを楽しみにしております。

早藤


北海道大学大学院 工学院機械宇宙工学専攻 福田 哲也
皆様こんにちは。
北海道大学大学院 機械宇宙工学専攻 修士二年の福田哲也です。
近頃はすっかり秋めいてきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

近況報告としては、まず学会発表をようやく終えられました。
しっかりと準備をして参加しましたが、オンラインで行ったため、対面形式のものと比べて味気ないなというのが正直な感想でした。
私自身、学会後の交流会も楽しみに学会に参加していたため、このご時世だと対面形式で開催されないのは非常に残念でした。
ただ、移動の手間が省けるのはありがたいことです。札幌から本州まで移動すると、半日はかかるので。


また、修士卒業前の中間発表も無事終えられました。
学会発表の翌日にこの中間発表があったため、最近は準備に奔走しており、ろくに休めていませんでした・・・。
しばらく休んだ後、投稿論文の執筆に取りかかりたく思っています。


そして、気がつけば卒業まであと半年となってしまいましたが、悔いの残らぬよう日々を過ごしたいです。


皆様お体にお気をつけてお過ごしください。
次回の交流会でお会いできることを楽しみにしております。


小樽商科大学 社会情報学科 大束 優未
皆様こんにちは。
小樽商科大学4年の大束優未です。

学生として過ごせる時間が少なくなっているものの、単位は取り切っているために昨年よりも自由に自分の時間を取れる筈でしたが、例年よりも身動きが取れない状況のまま、結局行きたかった国内旅行には行けず仕舞いとなってしまったこともあり、何ができるかを模索する日々が続いています。

しかしながら何かしようということで、この夏休み期間を利用して、自動車免許を取る、という目標を立て、自動車学校に通いました。
そして無事に先日免許を取得でき、夏休みを少しは充実した時間とすることができたと感じています。

さて、近況報告ですが、まず学業面については対面での授業の再開にはもう少し時間がかかってしまう、といった状態です。
しかしながら卒業までは刻一刻と近づいておりますので、しっかりと今できることを着実にやっていきたいと思います。
また、9月末には就職先の研修に参加することが決まり、ようやくこれから先のことに対しても実感が湧いてきました。

交流会に向けては、グループでオンライン上で会議を行い、動画の方向性の決定、そして撮影、というところまで来ました。川柳や映える新生活コンテストに関しても、じっくりと力を注いでいきたいです。


未だ生活の中では距離をとって、を求められる中ではありますが、11月の交流会では無事皆様と対面でお会いできることを願っています。

大束


北海道大学 工学部・機械知能工学科 三宅 冬馬
皆さん、こんにちは
北海道大学工学部4年の三宅冬馬です。

近況報告ですが、8月末に大学院入試があり昨日、無事合格通知をいただきました。
大学院入試も終わり学部の単位も取り切ったため、最近はひたすら研究という日々を
送っています。研究を進めていると、計算コードの書き方や結果に対する考察で、
研究内容に対する知識や経験の浅さを痛感しております。自分が1週間悩んだことも
教員の一言で解決してしまうこともあり、もっと基礎を勉強せねばと思う毎日です。
いろいろ言っていますが、研究生活自体は非常に充実した楽しいものであり、
D進するかどうか迷っている状況です。今後の社会情勢や研究生活を通して
決めていきたいと思います。

2か月後には交流会ですが、
私の所属するBグループでは、ちょうど今日動画が完成し、去年の作品にも負けず劣らずの
良い作品になっているのではと思っています。
ほかのグループの作品も非常に楽しみです。

11月の交流会楽しみにしています。

三宅


北海道大学大学院 機械宇宙工学専攻 三輪 拓実
皆さん、こんにちは。
北海道大学工学院 修士1年の三輪拓実です。

先日、オンラインでの国際学会がありました。初めての学会発表が英語、しかもオンラインということで大変緊張しました。時差の関係で深夜3時のに開催され、朝方の教授には一緒に参加して頂けませんでした。結果、質疑応答で言語エイリアンとしてのビハインドを痛感し、少し悔いの残る学会となりました。

最近は就職活動にも力を入れ、いくつものオンラインインターンやセミナーを受講しています。そこで、日系メーカーのエンジニア職の給料の低さをつくづく感じました。この問題によって優秀な人材は海外や文系職に逃げていると思います。実際、特にITでは海外に大敗を喫していますから、この状況が変わることを期待しています。

研究では、新しいロケット燃料が届き、ホクホクした気持ちで燃料を眺めています。最近、研究については好きなことを自由にさせていただいており、ストレスもなく楽しいです。その点では教授に非常に感謝しています。しかし、やはり、朝方って理由で学会に参加して頂けなかったことについては、少し恨んでいます。

11月に皆さまと会えることを楽しみにしています。

三輪拓実


公立はこだて未来大学 システム情報科学研究科 岡田 将太朗
皆さまこんにちは。
公立はこだて未来大学大学院修士1年の岡田将太朗です。

最近は就活に関して考える時間が増えてきました。
私は予防医療に関する領域に関心があり、人々の健康を支えていけるような人材になりたいと考えています。
しかしながら、予防医療という領域はまだまだ発展途上らしく、企業さんも新卒を採用しているところが少ないです。。。
エンジニアとして就職しようとは考えていたものの、技術については企業に入ってから学べば良いという甘い考えが仇になっている感じです。企業の方とお話しさせていただく機会が以前よりも増えてきたため、この機会を利用しながら、より自分の将来に具体性を持たせていこうと考えています。

研究については、脳波を計測し解析するという今までかすったこともないことをやっています。大学の有識者の教授と連絡を取りながらなんとか頑張っている感じです。

日常的な変化といえば、最近暑すぎて部屋で作業するのやめました。
エアコンないと室内30度普通に超えるのおかしい...
蔦屋書店、ハセストのフードコート、カフェ、ネカフェなどなど意外と集中して作業できる場所が多くて良い感じです。
あとジムの運営が再開したのもありがたいぃ。
ジムは筋トレよりかは泳いでばっかりいます。
怪我しにくい、汗が気にならない、左右の筋肉のバランスが崩れない、心肺機能の強化を効率的に行える、などなど水泳はメリットがめちゃめちゃ多いです!
中高バレーで膝を破壊しまくってた自分からしてみれば神のようなスポーツです。

それでは、11月の交流会楽しみにしています!

岡田


北見工業大学大学院 社会環境工学専攻 大場 光希
皆さまこんにちは.
北見工業大学大学院 修士2年の大場 光希です.

近況報告として,今月末に投稿する論文の執筆に日々追われております.
学会発表は長野県の信州大学で行われる予定でしたが,情勢を鑑みてオンラインでの開催となってしまいました.
仕方のないことではありますが,今まで訪れたことがない地域に行ける貴重な機会だったので,残念に感じております.
また,オンラインでの学会発表を経験したことがないため,発表方法や質疑応答など,しっかり対応できるよう準備を進めていきたいと考えております.

新型コロナウイルスの影響で,昨年度から自由に身動きがとりづらい状況が続いております.
そんな中様々な面で,ものの見方や考え方が見直されつつあるかと思います.
オンライン会議やリモートワーク,遠隔授業はもちろん,移動方法や外出頻度など様々で,行動の取捨選択や物事の判断基準がかなり変化していると思います.
中には良い面を持つ変化もあり,特にリモートワークの普及は今後の日本人の働き方に大きく影響を与えたように感じております.

現在の情勢に対してマイナスな面ばかり目を向けがちではありますが,何かプラスの面はないか考えてみると新しい発見があるかもしれない,と何かの記事に書いてありました.
個人的にはマイナス面ばかりひしひしと感じていますが,ものは考えようだと思いますので,少し探してみようと思います.
皆さんもよろしければぜひ.

11月の交流会にて,皆さまにお会いできることを楽しみにしております.

大場


北海道大学大学院 情報科学院情報科学専攻生体情報工学コース 福江 優香
皆様、こんにちは。
北海道大学大学院情報科学院修士2年の福江優香です。

近況報告としては、分散登校が8月で終わり、今月からついに毎日研究室に通えるようになりました。前期分の遅れを取り戻すべく実験に励んでいます。
また、研究に新しく量子力学シミュレーションを導入することが決まり、今まで研究室の中では誰も使ったことがなかった新しいソフトを使用することになったので、実験室に籠る以外の時間でその言語の勉強にも取り組んでいます。
私は来年からソフトウェア設計開発に従事する予定なので、直接役に立つといったわけではないのですが、自分にとって新しい言語に慣れるという意味でもトレーニングになるかな?と思っています。

交流会まで後2ヶ月ほどとなりました。
私の所属するBグループでは主に8月に動画の撮影を行い、後少しで完成!というところです。
かなり面白く作ることができたのでは……!と思っています。
川柳や映える新生活も含め、11月に奨学生のみなさんの作品を拝見できるのが今からとても楽しみです。

それでは、お体にお気をつけてお過ごしください。


北海道情報大学 経営情報学部・システム情報学科 窪田 有希
皆様こんにちは
北海道情報大学 経営情報学部 システム情報学科 4年の窪田有希です。

新型コロナウイルスの感染拡大もやや収まったものの、油断を許さないご時世ではごさいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

近況報告をさせて頂きます。
就職活動関係では、内々定先の企業様から内定報告を頂き、配属先が決定しました。
さらに、近日面談会がzoomのリモート形式で行われる予定です。同じく内定を頂いた方々と、初めてお話出来る機会であり、新社員育成担当の方々に質問出来る良い機会なので、提供して頂いた企業様に感謝しつつ励みたいと思います。

学業関係では、資格取得に向けての学習と卒業論文に向けての研究を続けています。
現在研究の方は、「動画資料の中に問題を作成する機能を実現する方法」を、資料作成者の手をあまり煩わせる事なく、作業の簡略化が出来るか、という点に苦戦をしており、若干停滞状態に陥っています。
再来週から大学の講義が再開する為、なるべく躓いている点を解消した後、後期に臨みたいと思います。

11月の交流会にて、皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

窪田有希


北海道大学大学院 理学院物性物理学専攻 山家 椋太
こんにちは、北大理学院の山家です。

近況ですが、ちょうど今週に学会発表をオンラインで行いました。
オンラインということで、発表が終わった後に一瞬で日常に戻る感じが味気なく残念でした。
学会前に蓄積したストレスはやはり開催地の名物や地酒で解消したいです。

また、博士課程の院試を受けました。
他大学に進学するので修士課程の院試と同様の筆記試験も受けなくてはいけなく、
久々に学部の教科書を引っ張り出して勉強しました。
自分が学部の勉強をしているときに同期は研究を進めているということで、焦燥感に駆られる日々でした。
また、日々の研究ではtexで計算を直打ちしてるのでペンで文字を書くということをあまりしておらず、
大量の文字を書かされる院試は手がしんどかったです。
今回の試験は無事合格したので、冬にある二次試験にむけて準備を進めようと思います。

では、交流会で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

山家椋太


北海道大学 工学部機械知能工学科機械システムコース 西村 将太朗
皆さんこんにちは.北海道大学工学部機械知能工学科4年の西村です.

さて近頃はといえば,専ら海外大学院入試に向け奨学金の申請活動を行っております.今月末,来月中の締め切りが多く,先生方に依頼する推薦状等もあるため心配事が多く息の抜けない毎日であります.(特に推薦書のうちの一通を依頼するイギリスの教授は数週間に5〜6通のメールを送りようやく返信がいただけるなんてこともしばしば...)

このまま奨学金の申請が終わるとともに大学院自体の出願もピークとなっていくため,気を抜かずに行きたいところです.
さらに,研究活動においてもようやく実験の全手順をとりあえず一人で完遂できるようになったため,これからの毎日に期待を馳せております.

また,一つ区切りではないですが,終えることができたものとして,国内で一つだけ出願していた東京大学の航空宇宙専攻から合格通知を頂けました.実はコロナ期間に私生活で大きな出来事があり鬱になってしまい.3か月間ほどは全く一歩もベッドから起き上がれない,酷いときは一週間飲み食いができないという状況を経験していました.そのため,対策を開始出来たのも試験の1週間前,前日の夜まで院試の辞退を検討するほどの状況での合格でしたので,たかが院試といえど,昨日のこの合格通知は私の精神面に大きな安らぎを与えてくれました.

このまま調子をあげ,米国の志望校に合格できるまで好調のままことが進めばと思うばかりです.

交流会にて皆様とお会いできる日を楽しみにしています.

西村将太朗